時代は「利潤資本主義」から「倫理資本主義」へ──社会価値と経済価値を両立する経営モデルを実現しよう

「社会にとってよいこと」と「利潤」の両立は、企業経営の理想でしょう。しかし両者は長らく二者択一、トレードオフの関係にありました。そしてこれまで多くのケースでは、社会的な価値が、利潤を最大化するいち手段 […]

10社の「新規事業提案制度」を比較──リクルート、サイバー、ネスレ日本……独自の工夫や背景を探る

新規事業開発の方法は数多く存在しますが、中でも大企業を中心に多くの企業が取り入れているのが「新規事業提案制度」です。10社の新規事業提案制度の特徴と事例をもとに優れた事業の立ち上げにつながる仕組みづく […]

事業開発の目線で見るサーキュラーエコノミーのインパクト:パソナ・加藤遼

GOBでは、不定期で、事業開発に関わるさまざまなゲストをオフィスに迎え、インプットの機会を設けています。 今回お話をしてくれたのは株式会社パソナJOB HUB 旅するようにはたらく部長 / IDEAS […]

不況は新規事業のチャンスか?──経済の混乱期に優れたスタートアップが出現するワケ

新型コロナウイルス感染症の影響で、私たちの生活ばかりではなく、経済も混乱を極めています。 国際通貨基金(IMF)は4月14日に世界経済の見通しを発表。2020年の世界全体の成長率予測は前年比3・0%減 […]

都市と地方の両面から、持続可能な未来をつくる:アスノオト代表取締役・信岡良亮

GOBが毎週月曜に開催する「ランチ会」では日々の学びをシェアするほか、テーマに合わせて各方面で活躍する起業家などをゲストに迎え、お話を聞く機会を設けています。(*現在はオンライン等で適宜開催) 今回の […]

人生の価値観と事業がぶつかったところにマーケットを見つけた:ワンダートランスポートテクノロジーズ代表・西木戸秀和さん

GOBでは、毎週月曜にランチ会を開催。日々の学びなどをシェアするとともに、一部の会ではメンバーや各事業部の課題感に合わせてゲストを招いてお話を聞く機会をつくっています。(*現在はオンライン等で適宜開催 […]

がん経験者に食べる喜びを取り戻す「猫舌堂」のカトラリー開発に至るまで:関西電力×GOB

関西電力株式会社が取り組む「かんでん起業チャレンジ制度」。20年以上続いているこのプロジェクトに、2018年からGOB Incubation Partners(以下GOB)もパートナーとしてタッグを組 […]

20年続く関西電力の新規事業制度──2020年にも新会社誕生、「ニッチだけど社会を良くする」事業を生む仕組み

エネルギー分野など社会インフラを提供する関西電力。実は20年以上も前からオープンイノベーション型の新規事業制度を採用し、これまで約10社を輩出している優れた事業開発会社でもあります。GOB Incub […]

1 6

人気記事ランキング

カテゴリ別最新記事