地元湘南で上質なアウトドア体験を提供──彼が「ハード」よりも「ソフト」にこだわるワケ:ASOBU・神裕之

株式会社あそぶ代表取締役の神裕之さん 神奈川と言えば、湘南の海をイメージする人も多いでしょう。そんな場所を活用した新たなアウトドアコンテンツを開発しているのが株式会社あそぶ(ASOBU)代表取締役の神 […]

あの企業は社会価値と経済価値をどう両立させた? 国内外5社の事例をひも解く

これまで、社会価値と経済価値はトレードオフの関係にあると言われてきました。しかし、今やその関係は解かれ始め、人にとってよいことと儲けを両立することは現実的に可能なものに。そうした経営モデルを「見識業」 […]

「声」でメンタルヘルスを見える化、企業のリスク管理をサポート:リスク計測テクノロジーズ・岡崎貫治

岡崎貫治(おかざき・かんじ)さんが代表を務めるリスク計測テクノロジーズ株式会社では、働く人々を支援することで、企業や社会のリスクを削減し、生産性の向上につなげるためのリスク管理ソリューションを提供して […]

選択的ベーシックインカム、議決権なしの種類株式、プロト費用……GOBの“探索的”資金策と「見識業」実現の道

投資先の起業家に対する「選択的ベーシックインカム」、使途の自由度を広く確保した「プロトタイプ費用」、さらには「議決権なしの種類株式」による資金調達……、これらはGOB Incu […]

コロナ禍で苦しむ飲食店の収益化サポート──「ノーコード/即日」リリースのモバイルオーダーシステム「applova」:KJ COMMONS・飯沼晃史

飲食店向けモバイルオーダーシステム「applova」の日本展開を進める、株式会社KJ COMMONS代表取締役の飯沼晃史さん 新型コロナウイルスの影響で、飲食店はかつてないほど大きな打撃を受けました。 […]

社会的によいことを数字で見える化──開発のきっかけは「大切なのは数字じゃない」への違和感:桑原憂貴

桑原憂貴さん 社会的によいことは、数字じゃ測れない──。そんな声をよく耳にします。しかし本来、よいことこそ定量的に計測し、より正しい方向性へと改善を続けていくことが大切ではないでしょうか。 桑原憂貴( […]

話し方を機械学習で解析、“コミュニケーションを効率化”するアプリ「HANASO(ハナソ)」:EFFICIENT・脇坂健一郎

テクニカルショウヨコハマに出展した際の様子(写真左が脇坂さん) 営業や採用面接、プレゼンなど、ビジネスシーンでは「話す」機会が数多くあります。しかしJTBの調査[1]https://www.jtbco […]

1 8

人気記事ランキング

カテゴリ別最新記事